本文へスキップ

次回の学術大会聴講・取材について過去の学術大会

学術大会

2018年の学術大会 (2018年6月23日)


2018年 第29回学術大会プログラム(東洋学園大学・本郷キャンパス)


 受 付 (8:50〜)

T  開会の辞 (9:30〜9:40)

U  個別報告 (9:40〜12:10)               (司会) 河合 幹雄 氏  柴田 守 氏

  1 「性的被害を受けた男性の問題と支援」
      神奈川工科大学  多田 庶弘 氏

  2 「性犯罪被害者精神鑑定の実態―東京地方検察庁管内の事例調査から」
      武蔵野大学大学院 山本このみ 氏
      武蔵野大学    小西 聖子 氏

  3 「地方公共団体における犯罪被害者等支援
     ―とくに基礎自治体と広域自治体の役割分担と連携について」
      大正大学     尾ア万帆子 氏

  4 「台湾における没収制度の運用による被害者支援」
      慶應義塾大学   呉 柏蒼 氏

  5 「犯罪被害者庁を中心とした北欧の犯罪被害者支援」
      獨協大学・弁護士 齋藤 実 氏

 昼 食 (12:10〜13:20)

V  総 会 (13:20〜13:30)

W  基調講演 (13:40〜14:40)

 「犯罪被害者と『修復的司法』(Restorative Justice)―理論と実証」
    東洋大学名誉教授  細井 洋子 氏

X  シンポジウム (14:55〜17:40)

  「関係性からみた犯罪被害ー実証研究からのアプローチ」
   オーガナイザー  国士舘大学  辰野 文理 氏

  1 「性暴力被害者のメンタルヘルスに加害者との関係性が与える影響」
      武蔵野大学    中島 聡美 氏

  2 「被害者・加害者の関係性が刑事司法におよぼす影響:被害者・遺族調査にもとづいて」
      東京大学     白岩 祐子 氏

  3 「DVの被害化に影響する親密関係でのバイアスのはたらき」
      広島大学     相馬 敏彦 氏

  4 「関係性が被害者の意思決定に与える影響−通報と援助要請を中心に−」
      科学警察研究所  島田 貴仁 氏

Y  閉会の辞 (17:40〜17:50)


  懇親会 (18:15〜20:15)

 第29回 学術大会プログラム [PDFファイル]

聴講・取材について

 学術大会は、会員以外の方でも聴講できます。聴講をご希望の方は、当日、受付にお申し出ください。事前の申込みは不要です。なお、聴講料(資料代)として1,000円を頂戴いたします。ご不明な点がございましたら、学会事務局までお問い合わせください。

 報道機関等の方で学術大会を取材されたい場合には、事前に学会事務局までお問い合わせください。

過去の学術大会

 

以前の学術大会一覧表[PDF]
2017年 第28回学術大会(京都学園大学)
2016年 第27回学術大会(明治大学)